イラスト、WEB制作で副業しているアラサー会社員のブログ

のんびりタイプ

暮らし

茶碗や陶器が割れた!簡単に修理する方法

投稿日:

大事なお皿や茶碗が割れた!

修復したいけどもう無理?捨てるしかない?

こんにちは、ぽわろんです。
うっかり陶器を落として割ってしまうことってありますよね。

いただき物だったりすると捨てるに捨てられない。思入れがある、なんてこともしばしば。
できるだけ修復したいですよね。

今回はボンドを使ったなんちゃって金継ぎをご紹介します。

今回の方法は下記サイトで紹介されているものを実施しています。

【DIY】諦めないで!割れたお皿を修復【手軽にできるなんちゃって金継ぎ】

金継ぎは道具を揃えるとそれなりに額がしますが、今回のやり方は1500円くらいでできます!
初めてでも実際にできる?簡単?という検証も込めて紹介します!
では、どうぞ!

揃える道具

  • 金属・ガラス・陶磁器用ボンド 5分硬化タイプ
  • 金箔:適量
  • つまようじ:数本
  • クッキングペーパー:適量
  • 絹の布:1枚

ボンドはAmazonで購入しました。
5分硬化ですと混ぜたり塗ったりする時間が確保されるのでちょうど良いです。

クッキングペーパーが無かったので、靴を買った時に箱の中にあった包装紙で代用しました。ボンド、金箔が混ぜられればいいので紙皿などでもOKでしょう。

つまようじはボンドを塗っていくときに使用します。ボンドは数分経つと固まるので何本か用意しておいたほうが良いです。

金箔はAmazonで一番手頃なものを選びました。茶碗1個でだいぶ余りますので数が少なければ少量でOKです。

修復してみよう

では、早速こちらの茶碗を直していきましょう!

ボンドと金箔を混ぜます。
ボンドは2種類あるので同量出して、金箔と混ぜます。つまようじで十分混ざります。

ボンドはだんだんと固まってくるので、少量でOKです。一箇所終わったら再度新しく混ぜて作りましょう。

先に細かい破片をくっつけた方が良いそうなので、割れた破片同士をくっつけました。
側面に金箔入りのボンドを塗ってくっつけます。
接着後、つまようじの先に金箔をのせてくっついた部分に貼りました。

これで暫く乾くのを待ちます。

次にひとつにした破片をお茶碗にくっつけます。
先ほどと同様に側面に金箔入りのボンドを塗ります。
接着後、金箔を貼ります。

こんな感じになりました。

ひび割れ部分には内側と外側から金箔入りボンドを塗り、その上から金箔を貼りました。

欠けたた部分は金箔入りボンドをもりっと付け、その上から金箔を貼っています。

本来は金箔貼り付け後に布で余分なところを拭き取りたかったのですが、放置した時間が長かったせいか完全に固まってしまいました。

今回はこれで完成です!

デコボコした感じは出ていますが、しっかりくっついていい感じです!
初めてでもここまで出来るのでご参考になれば嬉しいです。

ちなみにこのボンドは体にあまりよろしく無いようなので、ご飯を盛るのには使用せず、小物などを入れるインテリアとして使います。

食事用として再利用したいよ~という方は、ウルシを使った金継ぎのほうが安心ではあります。

今回は4、5回ほど金箔入りボンドを作り直しました!
ボンドは少しずつ固まっていくので、少量ずつお使いください。

-暮らし

Copyright© のんびりタイプ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.